So-net無料ブログ作成
検索選択

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

トポテシン(イリノテカン)☆治療のまとめ ブログトップ

トポテシン(イリノテカン)☆治療のまとめ [トポテシン(イリノテカン)☆治療のまとめ]

クニ君を服用しだしてから調子が上向きで、げんきげんき~な日々を過ごしております。

なので、ずっと後回しにしていた今までの治療のまとめ、徐々にアップして行こうかと思っています。 

ということで、今回の記事は過去の治療のまとめです。だいぶ忘れちゃったかも・・・^^;;;
(トポテシンのお話しなので、興味の無い方はスルーしてくださいね~)


 

 =トポテシン(イリノテカン)=
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

トポテシン:日本で開発された直物アルカロイドの誘導体です。
  DNAに作用する酵素トポイソメラーゼを阻害して抗がん効果を生み出すとされています。
  国内では広範ながんに用いられ、有効性が確認されていますが、
  その分副作用も強く、重篤な下痢は致命的になるケースもあります。

主な副作用:高度の下痢や腸炎が起こる場合があります。
  下痢や投与直後に現れる場合と日を置いて現れる場合があり、
  前者は一過性ですが、後者は時に致命的になるケースもあります。
  また、骨髄抑制も高頻度で現れ、貧血や敗血症などの重い感染症の恐れがあります。
  そのほかに吐き気や嘔吐、下血、腸閉塞、間質性肺炎などが現れることもあります。

治療のサイクルは、DAY1、8、15と1週間に1度、3週連続で注入し、その後の1週間は休薬。
それがワンクールという、いわゆるウィークリーで治療しました。


 

2011年12月7日、入院にて、Ⅰクール目開始

Ⅱクール目からは通院で注入 


☆Ⅱクール注入後の効果判定
  
CT画像:SD・・・現状維持
  
CEA:下降傾向

☆Ⅳクール注入後の効果判定

  CT:2.7㎝→3.0㎝(約10%の増大)20%までは現状維持なので、一応SD
  CEA:ちょい上がり

 

副作用の下痢はかなりマズイみたいですが、逆に便秘もヤバいみたいで・・・

*点滴当日から ウルソ:1日3回、1回1錠 5日間内服
   重曹:1日3回、1回1包(1g) 5日間内服
*点滴翌日から
   酸化マグネシウム:1日3回、1回1包(0,67g) 3日間内服

とゆー、覚えるのもメンドクサイお薬たちを飲みました。

ただし、このお薬たちは、すぐに飲まない事に・・・
だってわたし、便秘とも下痢とも無縁な体だったので~ 

そして、高頻度で現れる骨髄抑制ですが、まったく現れなかったとゆー、鉄の体でした。

そうそう、吐き気止めとして、点滴翌日からゾフランを1日1回、1錠 4日間内服していました。
そのせいか、吐き気は少ししか現れませんでした。

その他の副作用は、関節痛としびれ・・・これはけっこうキツかった!
ずっと座っていたり、立っていたりと、同じ態勢で長い事いると、足(特にひざ裏足裏)がしびれてきます。

むくみもけっこう出ていました(特に足首あたり)

そして倦怠感・・・なんだかいつもボケーっとしていました。


 

でもこの副作用たち、よく考えたら、今までの抗がん剤でも経験しているくらいなのに
トポテシンはなんだか好きになれません。

人格、思いっきり変わっちゃうくらい・・・ブルーになっていました。


 

トポテシンとのお付き合い。またまた恋愛で例えるのなら(笑)

一癖も二癖もあるいまの彼(トポテシン)。
そういえば、昔付き合った彼と似てるかも~~
でも、昔の彼は全然気にならなかったし、むしろそれもよかったのに(わたしがどMだから・・・笑)

なぜなのか・・・あなたは受け入れられない・・・


 

“トポテシン君、あなたは・・・・・生理的にムリッ!!!”

 

 

それでも、効果はイマイチ薄いけど、Ⅴ&Ⅵクール目と進む事を決めて挑みましたが・・・

Ⅵクール目が終わった時点では、 CEA:19.2と、今までの最高記録を出していたので
未練なくお別れができて次の治療に進んだ訳でございます。。

 

 

名称未設定 1.jpg クリックすると大きくなります

 

トポテシン1回の料金
40,540円 (3割負担で12,162円)

 *あくまで私の場合で、当時の金額です(事前血液検査などの金額は含まれていません)

 *更に詳しくご覧になりたい方は カテゴリー:9th:トポテシン をお読み下さい*

 *なお、ここに書いてあることは、あくまでも私がこの治療を受けたときの治療の仕方
 そして私の見解なので、詳しくは担当の先生などにご確認下さいね。

 

 

           今日もクリックよろしくね~[るんるん]
                  ↓↓↓
              
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
              にほんブログ村  


タグ:トポテシン
トポテシン(イリノテカン)☆治療のまとめ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。