So-net無料ブログ作成
検索選択

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

タキソール+パラプラチン☆治療のまとめ ブログトップ

タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)☆治療のまとめ [タキソール+パラプラチン☆治療のまとめ]

今回の記事も、過去の治療のまとめです。

 =タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)=
     (2006年6月14日~12月5日)

転移性の脳腫瘍の手術も終わり、少し落ち着いてきた頃に抗がん剤治療も始まりました。

治療のファーストラインとして選ばれたのは
タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)の組み合わせでした。

治療のサイクルは、1週間に1度の点滴を3週連続で投与して、次の1週はお休み
その合計の4週間で1クール。という感じです。

1クール目(入院にて):2006年6月14日・21日・28日

2クール目(通院にて): 2006年7月11日・17日・25日

 *2クール終了後、CT(肺)+MRI(頭)検査

 結果 原発の肺がん→ほんの少しの腫瘍の縮小
     脳転移→現状維持 

  (治療の合間には上記以外にも、間に細かくレントゲンなどはとりました。)

3クール目(通院にて):2006年8月8日・15日・22日

4クール目(通院にて):2006年9月5日・12日・19日

  *4クール終了後、CT(肺)+骨シンチ検査

 結果 原発の肺がん→腫瘍の縮小が認められる
     骨シンチ→転移なし

  (治療の合間には上記以外にも、間に細かくレントゲンなどはとりました。)

5クール目(通院にて):2006年10月24日・31日・11月7日

6クール目(通院にて):2006年11月21日・28日・12月5日

  *6クール終了後、CT(肺)+ MRI(頭)+骨シンチ検査

 結果 肺→2ヵ月前から比べると劇的な縮小は無いものの、全6クールの抗がん剤治療の結果
        2㎝×2㎝だった腫瘍が、0,8㎝×1㎝と50%以上の縮小が認められました。
     骨→転移は認められない。
     頭→新しい転移は認められない。

  (治療の合間には上記以外にも、間に細かくレントゲンなどはとりました。)

総合的に見て検討した結果、4クール後と6クール後にあまり変化が無い事から
抗がん剤に完全に耐性がついた訳ではないが、これ以上続けても顕著な効果は見られない。

と言う見解から、体力回復務める為にも、しばらく様子見と言う名の無治療状態に入る事になりました。

抗がん剤スケジュール(全工程約3時間15分)

 ① シヨック止め(ステロイド)
 ② アレルギー止め
 ③ タキソール
 ④ 吐き気止め
 ⑤ パラプラチン 

(吐気止めやショック止めなどの詳しい名前や、抗がん剤の分量など
 書いておいた資料が紛失の為分からず・・・^^;)    

抗がん剤での副作用ですが、わたしの場合はあまり出ず

点滴した当日に、熱が38度位に上がってしまうだけで
吐気もしたような?しなかったような??

脱毛も、髪全体の30%くらい抜けただけですみました。

こればっかりはその人によって違うみたいなので、なんとも言えませんが
わたしにとってこの組み合わせは、めちゃめちゃ相性が良かったみたいです。

ただ、病気についてのまとめを書くきっかけになった “検索” から来てくれる方たちのためにも

この組み合わせで副作用が出てしまった方
そして、その対処の仕方(自分なりでかまいませんので)などがありましたら 
 
ぜひ、コメント欄に書き込んで下さい。

よろしくお願いいます。

  ちなみに・・・1回の抗がん剤治療の料金

   88,590円 (3割負担で 26,577円)

  あくまで私の場合で、当時の金額です(事前血液検査などの金額は含まれていません)

 

  *更に詳しくご覧になりたい方は カテゴリー:1st:タキソール+パラプラチン をお読み下さい*

 *なお、ここに書いてあることは、あくまでも私がこの治療を受けたときの治療の仕方
   そして私の見解なので、詳しくは担当の先生などにご確認下さいね。

☆nice! &コメント☆ (クリックすると過去のものが開きます♪)


タキソール+パラプラチン☆治療のまとめ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。