So-net無料ブログ作成

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

カルセド☆治療のまとめ ブログトップ

7th:カルセド☆治療のまとめ [カルセド☆治療のまとめ]

813日から、みたびお付き合いが始まったイレッサ君。
今の所、非常に良いお仕事をしてくれています[わーい(嬉しい顔)] (タブン?・・・いやゼッタイニ!! 

このイレッサの前に、一年以上のお付き合いをしてくれたカルセド君。
その治療を忘れないうちにまとめておこうと思います[グッド(上向き矢印)]

ということで、今回の記事は過去の治療のまとめです。
(カルセドのお話しなので、興味の無い方はスルーしてくださいね~)

  *色が変わっている文字は、クリックするとジャンプします*

 =カルセド=
XVIクール 2010527日~2011723日)   

タキソール+パラプラチン(タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)まとめ

イレッサ(イレッサ治療のまとめ

タルセバ(タルセバ治療のまとめ

タキソテール (タキソテール(ドセタキセル)治療のまとめ

イレッサローテーション(イレッサローテーション治療のまとめ

アリムタ+シスプラチン(アリムタ+シスプラチン治療のまとめ

に続き、次に選んだ治療は カルセド でした。
  
・・・それにしても・・・今までたくさんのお薬に出会ったなぁ・・・ 

=カルセドとは=

アントラサイクリン系の抗がん剤としては、世界で初めて完全合成で製造された薬です。
DNA
の螺旋構造の間に入り込み、トポイソメラーゼのはたらきを抑制してDNAを切断し
がん細胞の増殖を抑えます。

=カルセド タイムスケジュール=

ソリタT3 200Ml(点滴開始から終わりまで流しっぱなし)

同時に、生理食塩液50Ml リンデロン注4㎎+ゾフラン注 4㎎(30分)

100728_1303.JPG カルセド(15分)めちゃ綺麗な色

その後、の残りが終われば点滴終了です。

 *スムーズに行けば全工程、1時間30分で終わります*

この工程を3日間連続で続け、クールとなります。
(因みに、クール開始までは、3~4週間休薬します)

=治療の経過=

カルセド注入1週間後
 肺の腫瘍が小さくなってきている事が判明、早くも効果が現われだしました

クール終了後の効果判定

100728_1303~01.JPG 肺のCT映像です

左(2010.5.11) カルセド君注入前      腫瘍の大きさ 28㎜  
右(2010.7.13) カルセド君クール終了後 腫瘍の大きさ 17

40%の縮小率が認められました[グッド(上向き矢印)]

ファーストライン(がんに対しての初めての治療)ですら、20数%程度の奏効率・・・
私みたいに、これまでにたくさんの治療をしてきた人だったら、更に低い数字のはずがこの快挙

これには大喜びでした[わーい(嬉しい顔)]

その後もⅡクール毎に検査し、効果判定をクリアしてきたのですが・・・

Ⅹクール目終了を過ぎた頃から少しずつ怪しくなり・・・

Xクール目終了時には、肺の腫瘍が約10%程度の増大
でも、20%以内の増大は現状維持(SD)とみなす為、だましだまし続けてきましたが

XVIクール目終了時の効果判定で約20%の増大が認められ、カルセドでの治療が終了しました。

=主な副作用=

最も注意が必要なのは骨髄抑制で、敗血症などを合併して死亡した例も報告されています。
また、間質性肺炎や胃・十二指腸潰瘍を起こすこともあります。
一般的な副作用としては食欲不振や吐き気・嘔吐、脱毛の頻度が高く、半数以上でみられます。
そのほか、不整脈、発熱、肝機能の低下などがみられるケースもあります。

=私の副作用=

今回の治療で使うお薬の候補は、いろいろあったんですが
このお薬は、私がこれから使えるお薬の中でも、かなり骨髄抑制が強くでるタイプみたいで^^;

注入後の抵抗力の低下や、感染の危険性のことなどを考えると
今のうち(私の体力がある内)に試しておいた方が良いとの判断から今回カルセドを選びました。

この副作用が現れるのは、通常、投与後5日~15日後になるみたいだけど
私みたいに過去に色んな治療をした人は、早く出る場合が多いらしい。

ということで、私も最初はかなり念入りに血液検査をしていたんですが・・・

私は めちゃレアな体質 らしいく(笑)
今回の治療で大幅に下がる事を予想していた主治医はビックリ~
結局16クール終了時まで、白血球が2000を下回る事はありませんでした[手(チョキ)]

そして、吐き気も少なく(たまにあるくらい)
脱毛もほんの少しと、今までやってきた治療の中でも、かなり楽なお薬でした。

ちなみに・・・
 
カルセドのクールにかかる金額は、約¥20,000×3回(3割負担で)
   =
これは、あくまで私の場合で、当時の金額です=

*更に詳しくご覧になりたい方は カテゴリー:[7th:カルセド] をお読み下さい*

 ☆なお、ここに書いてあることは、あくまでも私がこの治療を受けたときの治療の仕方
 そして私の見解なので、詳しくは担当の先生などにご確認下さいね☆

     今日もポチッとよろすこ[るんるん]
          [右斜め下] [左斜め下]
      
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村


タグ:カルセド
カルセド☆治療のまとめ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。