So-net無料ブログ作成

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

アリムタ+シスプラチン☆治療のまとめ ブログトップ

アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)☆治療のまとめ [アリムタ+シスプラチン☆治療のまとめ]

今回の記事も、過去の治療のまとめです。
(アリムタ+シスプラチンのお話しなので、興味の無い方はスルーしてくださいね~)

 *色が変わっている文字は、クリックするとジャンプします*

 

=アリムタ+シスプラチン=
 (

タキソール+パラプラチン(タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)☆まとめ

イレッサ(イレッサ☆治療のまとめ

タルセバ(タルセバ☆治療のまとめ

タキソテール (タキソテール(ドセタキセル)☆治療のまとめ

イレッサローテーション(イレッサローテーション☆治療のまとめ

に続き、次に選んだ治療は “アリムタ+シスプラチン” でした。

 

=アリムタとは=

アリムタは、がん細胞のDNA合成に必要な葉酸に似た薬です。

細胞は自らの遺伝子であるDNAを合成し、2つの細胞に分裂しながら増えていきます。
アリムタはがん細胞DNA合成に必要な葉酸とよく似た薬ですが、働きは異なります。

がん細胞はアリムタを葉酸と間違えて取り込みます。
その結果、DNA合成が阻害されてがん細胞は死滅してしまいます。

アリムタはがん細胞の活動(代謝)を妨げる“代謝拮抗剤”と呼ばれる抗がん剤のひとつです。

アリムタの治療においては、葉酸とビタミンB12を投与することによって
がん細胞に対する効果は変わらず、明らかに副作用が軽くなる事が分かっています。

葉酸とビタミンB12はアリムタの副作用を抑える働きがあり
白血球や血小板の減少、嘔吐や下痢などを軽くします。

葉酸は毎日(アリムタが最初に投与される7日以上前から)
ビタミンB12はアリムタが最初に投与される7日前までに筋肉注射。その後は9週ごとに。

 

=シスプラチンとは=

名前の通り金属の白金を含んだお薬で、白金製剤(プラチナ製剤)に分類される薬剤です。
がん細胞のDNAと結合することでDNAの複製をさまたげ、分裂、増殖を抑えて死滅させる
という作用を持っています。

 

*お薬を組み合わせて使うことにより、より強い効果の発揮や副作用を弱くする期待がある為
今回はこの2剤を組み合わせての治療となりました。

 

=アリムタ&シスプラチン タイムスケジュール=
 
      

Ⅰクール目(3月21日~25日)
  (約2週間の入院治療)

★前処理1日目&2日目
 ラクテック注500mlを8時間サイクルで流しっぱなし。

★治療当日
SN3D0661.JPG イメンドカプセル(吐き気止め) 125㎎内服

①生食注(500ml)+プリンペラン(10㎎) 1H

②ソリタT3(500ml) 2H

③生食(100ml)+デカドロン(6,6㎎)+セロトーン(10㎎) 30M

④生食(100ml)+アリムタ(840㎎) 10M

⑤生食(100ml) 30M

⑥生食(250ml)+シスプラチン注(125㎎) 3H

⑦ソリタT3(500ml)+プリンペラン(10㎎) 2H

⑧マンニットール(300ml) 1H

⑨ソリタT3(500ml)+セロトーン(10㎎) 2H

   以上、全工程、約14時間

 

★治療後1日目 イメンドカプセル(80㎎)内服

①ソリタT3(500ml)+プリンペラン(10㎎)

②ソリタT3(500ml)&セロトーン(10㎎)

③ソリタT3(500ml)

 

★治療後2日目 イメンドカプセル(80㎎)内服

①ソリタT3(500ml)+プリンペラン(10㎎)

②ソリタT3(500ml)&セロトーン(10㎎)

③ソリタ T3(500ml)

 

頓服薬
 ナウゼリン10㎎ (吐き気止め)

 

Ⅱクール目(4月21日~4月24日)
  (5日間の入院治療)

前処理が1日少ないだけで同じ工程。

*通常は、3週間に1度この治療をし、Ⅰクールとしますが
私の場合は、4週間に1度のペースで治療をしました。

 

=アリムタ+シスプラチンの副作用=

一般的に言われているシスプラチンの副作用は
腎臓機能の障害、悪心・嘔吐や食欲不振などの消化器症状、骨髄抑制など。

との事・・・

なので私の場合は、腎臓機能障害に関しては、注入前に腎臓の機能の検査したり
注入前から水分を沢山点滴したり
注入後は、利尿剤を使用して尿の量を多くし、腎毒性を軽減するなどの対策をしてもらいました。  

悪心・嘔吐や食欲不振などの消化器症状に関しては
抗がん剤注入前や、頓服薬として、イメンドカプセルを服用。

それでもやっぱり吐き気はやってきちゃいましたが、それも数日で解消。
食欲不振に関しては・・・吐き気がありながらもしっかり食べていました~(笑)

骨髄抑制に関しては、結局、白血球はそんなに下がる事無くすみました。

 

Ⅱクール終了後、肺のCT検査などを行い、効果判定しましたが・・・

その結果、肺の腫瘍が

アリムタ +シスプラチン投与前   2,1㎝
        ↓
アリムタ +シスプラチンⅡクール後 2,9㎝

と、大きくなってきている事が判明・・・

(Ⅰクール目終了後の検査でも、大きくなってきている・・・という事は分かっていましたが
念のためⅡクール目にチャレンジしましたが、残念な結果になってしまいました)

と言うことで、アリムタ +シスプラチンでの治療は、Ⅱクールをもって終了となりました。

 

*注意事項
 アリムタと相性の悪いお薬はあまりありませんが
 ロキソニンやボルタレンなど 非ステロイド性抗炎症薬  との飲み合わせはいけないそうです。 

ちなみに・・・

アリムタ+シスプラチンのⅠクールにかかる金額は、余裕で50万円は越えていたと思います。
(3割負担で20万弱)これは、あくまで私の場合で、当時の金額です。

 

 *更に詳しくご覧になりたい方は カテゴリー:6th:アリムタ+シスプラチン をお読み下さい*

 *なお、ここに書いてあることは、あくまでも私がこの治療を受けたときの治療の仕方
 そして私の見解なので、詳しくは担当の先生などにご確認下さいね。

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 今日もクリックよろしくね[るんるん]
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
アリムタ+シスプラチン☆治療のまとめ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。