So-net無料ブログ作成

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

クリゾチニブ ブログトップ

ALK遺伝子検査 [クリゾチニブ]

またまたご無沙汰での更新になってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

カルセド君Ⅸクール目の治療も無事終わり、予定より1日早い6日には退院してまいりました。

今回も絶好調[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]と言いたいところでしたが・・・なんだか今回は入院中からダラダラモード[がく~(落胆した顔)]

特に副作用が酷い訳でも無いのに、退院してからもずっと寝てばかりの私[眠い(睡眠)]

入院疲れ?
それとも冬眠モード??

まぁ起きていても特にやる事はないし(笑)
と、寝るだけ寝たら、やっと調子が戻ってきました[るんるん]

と言っても、あまりにダラダラしていた為、逆に体力がなくなってしまったみたいで[あせあせ(飛び散る汗)]
ちょっと動くと今度はグッタリモードに突入[バッド(下向き矢印)]

悪循環にならないように気をつけながら、ゆっくりと体を戻していきたいと思います。

 

と、そんな中、昨日は呼吸器内科の診察日でした[グッド(上向き矢印)]

めちゃ混みの中、いつものように採血&レントゲンを先に済ませ待つ事シバシ・・・

採血の結果は、白血球の数値はギリセーフ[わーい(嬉しい顔)]
(私の鉄の骨髄君も、治療の回数を重ねるごとに骨髄抑制がでて来てます^^;)

レントゲンも変わり無し[わーい(嬉しい顔)]

とゆー事で、早くも次回入院の予約を入れてもらいました。

 

そうそう! 次の肺がん治療薬として期待されている “クリゾチニブ”

 *クリゾチニブ
  変異ALK遺伝子の働きを妨げることで、がん細胞の成長や維持に必要な信号伝達を遮断する薬*

以前、このお薬の事を私の主治医に聞いてみたんですが・・・
その時は、なんだかなぁ~・・・なお返事だったのが

前回の外来時にはなんだかやる気マンマン[exclamation]

遺伝子検査を無料で行なえるように段取っていてくれました[exclamation×2]

 *イレッサでは、EGFR遺伝子に変異がある場合は効果が高いとされているように
  クリゾチニブは、ALK遺伝子に変異がある患者に対し効果が高い事が分かっています*

 

 

ただ、ALK遺伝子とEGFR遺伝子共に変異がある患者は少ない
(私はEGFR遺伝子に変異があります)

ALK遺伝子に変異がある患者は、非小細胞肺がん患者の3~5%と少ない

ということで、私が対象となる可能性は少ない。 との事ですが・・・
どうせタダなら “ダメもと” で[グッド(上向き矢印)]

そして、今回の外来でその結果を聞いたのですが
果たして結果は・・・・・思った通り、私のALK遺伝子に変異は無い(陰性)[バッド(下向き矢印)]

クリゾチニブ君、あなたとは縁が無かったようですね。。

 

今の所カルセド君が良いお仕事をしてくれているので、治療も良い感じに進んでいますが・・・
耐性がついた時の為にも、早めに次に続くお薬を決めていかなくちゃデス。

クリゾチニブが使えればそれに越した事は無かったけれど、主治医曰く
「NONさんには、まだまだ使えるお薬は沢山あるから、大丈夫だよ[わーい(嬉しい顔)]

とゆー言葉に勇気をもらって、次のお薬との出会いを楽しみにしたいと思います[手(パー)]

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 今日もクリックよろしくね~[ハートたち(複数ハート)]
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
クリゾチニブ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。