So-net無料ブログ作成
検索選択

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

ガンマナイフ ブログトップ

ガンマナイフ  [ガンマナイフ]

今日はガンマナイフ治療の時のお話をします。

肺せん癌とわかった時には、すでに転移性脳腫瘍が2箇所にあり・・・

1つは手術で摘出した訳ですが・・・

残りの1つは、ガンマナイフという放射線(集光照射)で治療しました。

 

8月1日:J大学付属N病院では、ガンマ治療が出来ない為、J大学病院に入院。

誰も知っている先生はいないと思っていたこの病院・・・

だけど、J大学付属N病院で私を担当していてくれたY先生が移動の為この病院にいて
私の担当をかってでて待っていてくれました。

おかげですご~く心強かったです。

でも、余裕をかましていたら(?)Y先生に
「NONさんガンマって思っているより大変なんだよ!だから安静にね!!」 って^^;

普通 「大丈夫だよ。心配しないでね。」 でしょ~?
その後は、はいはい・・・って静かにしていましたよ(笑)

この日は入院したらお約束のレントゲン、心電図、身長、体重、体温の測定。
そしてテープ、消毒薬のアレルギーテスト(これは初めて)で終了。

8月2日:朝ごはん、昼ごはん抜き(病院によってはOKらしい)
でも、Y先生が “NONさんならきっと大丈夫”(笑)だから、少しなら食べて良いよ~。
って言ってくれたので、お腹が空きすぎて暴れる事はありませんでした

15:50→筋肉注射(安定剤)←なによりこれが一番痛かった

          リング装着   
  

これが大変・・・^^;

私の場合はピンで3箇所留めたのですが、まず、そこに麻酔注射をうちます。

最初はすごーく痛いのですが、だんだん麻痺してきます。

それからこのリングをピンで固定していくのですが、しっかり留めなくてはいけないらしく 
“みしみしっ” “ミシミシッ” って、すご~い音が頭蓋骨に響き渡りました。

その時、目隠しみたいな紙を顔に貼られたのですが
私は注射でも体になにか刺す時は、じーっ と見ていたいので 

「この紙とってください。何するか見たいので!」  って言って、はずしてもらいました。

あまりの衝撃、に思わず 「先生、これで頭蓋骨割れた人っていないのですか?」 と私

「私はまだ割った事ないですよ!」 って先生。 

私は、って事は、誰か割った人いたんですか~?と心の中でつっこんでいました。

それから、そのリングで台に固定されながらMRI検査。

これでガンマをあてる位置や角度を決めるため、決まるまでの間リングを付けたまま病室にて待機です。

この待機が長い・・・。

結局ガンマが始まったのは、18:00位。

本当はベッド上安静で、トイレ看護師さんを呼ばなくてはいけなかったのですが・・・
あまりの待ち時間の長さに何度も呼べず、私は勝手に行っちゃいました。

さて、肝心なガンマですが、再びリングで台に固定され身動きひとつ出来ない私。

急に不安になり 「もし、今地震が来ても、私をおいて逃げないでね」 と一言。

「この病院で地震が来ても大丈夫な所は、手術室とこの部屋だから」 と言われ
安心した私は爆睡~  

おかげで肝心な放射線をどうあてたのか・・・良く覚えていません^^;;

気が付いたら終わっていました

そしてまた、“みしみしっ” “ミシミシッ” ってピンを外し、包帯を巻いて終わり。

結局、20:30近くまでかかりました。

8月3日:傷口を消毒して、無事退院

 

ガンマも大変だったけど、お会計が約35万円也(いたたたっ)。

1泊4万円の個室しか空いていなかったので(この病院は個室が多い)それも打撃 

旅行だったら何処に行けただろう・・・って思ったら

 

もう二度と脳転移したくない!って思いました。

☆nice! &コメント☆ (クリックすると過去のものが開きます♪)


ガンマナイフ ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。