So-net無料ブログ作成
検索選択

☆・・2006年5月、肺がん(肺せん癌)のステージⅣと診断されたNONの元気な闘病日記・・☆

もう治る事はない・・・そう言われた “がん” とは、仲の良いお友達になりました。

そして・・・今は “がん” と一緒に、毎日を楽しんでいます。

※これまでの治療のまとめ(治療方法・スケジュール・金額など)※
=色が変わっている文字をクリックすると、記事にジャンプします=

1st:タキソール(パクリタキセル)+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅵクール 2006年6月14日~12月5日)

 2nd:イレッサ(ゲフィチニブ)
(2007年4月25日~2008年11月20日)

3rd:タルセバ
(2008年11月21日~2009年1月20日

4th:タキソテール(ドセタキセル)
(全Ⅶクール ~2009年

5th:イレッサローテーション2nd

6th:アリムタ+シスプラチン(ブリプラチン)

7th:カルセド
XVIクール 2010527日~2011723

8th:イレッサローテーション3rd
(2011年8月13日~2011年11月30日)

9th:トポテシン(イリノテカン)
(全Ⅵクール 2011年12月7日~2012年5月31日)

 10Th:TS-1+パラプラチン(カルボプラチン)
(全Ⅳクール 2012年7月4日~9月25日)

11Th:ジェムザール+ナベルビン 
(全Ⅵクール 2012年11月1日~2013年2月14日)

12Th:タキソール+パラプラチン+アバスチン
(全Ⅳクール 2013年3月22日~6月13日)

13Th:治験薬
(2013年8月28日~2014年6月24日:サイクル15)

14Th:ジオトリフ
(2014年7月18日~2014年10月21日)

15Th:タキソテール(ドセタキセル)(2nd)
(全Ⅱクール 2014年11月6日~2014年11月27日)

16Th:アブラキサン+パラプラチン(カルボプラチン)
(2014年12月26日~)

  転移性脳腫瘍の手術 
(2006年5月31日)

ガンマナイフ
(2006年8月2日)

ラジオサージャリー
(2009年2月17日&2009年7月8日

ガンマナイフパーフェクション

全脳照射
(全14回照射予定 2015年1月6日~)

 

その他、病歴などについては、左サイドバーにまとめてありますので
ご覧になりたい方は、クリックして下さい。

元気のない人には私のPowerを~☆   
そして時には私にも皆さんのPowerを分けて下さいね。

★ぜひ足跡残して行って下さいね★

ランキング参加ちう

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
                   にほんブログ村 
 ←毎日クリックよろしくね[るんるん]
  

ブログ記事は ↓↓ にあります

転移性脳腫瘍手術 ブログトップ

転移性脳腫瘍・手術Ⅱ [転移性脳腫瘍手術]

今日は私の大・大好きな事のお話

それはスキューバダイビング 

ライセンスを取って早じゅう数年、あちこちの海に潜りました。

なかでもPALAU(パラオ)は私のお気に入り
1ヵ月滞在を含め、もう10回位行きました。

その時は必ずハサミ持参(テロの影響で今は難しい)で、ショップのイントラや
遊びに来ていた日本人はもちろん、色々な国の人の髪をカットし、夕飯代を浮かせていました。

やっぱ “手に職” です。
まぁ、楽しくて切っていた、って言うのもあるけどね。

肺がんになってもこの夏、渡嘉敷に行ってきました。

肺がん患者でもしっかり潜れましたよ~  

なんて、私の病気を知りながら、わがままダイビングに付き合ってくれた
イントラのSさん夫婦のお陰だけどね。

お世話になりましたS夫妻。また行くね~♪

  

この写真は以前潜ったPALAUです


手術も無事終わり、ICUでのお話・・・

麻酔から目覚め、意識がはっきりとし、お水を飲んでからまず最初にした事。

担当の看護師さん(患者1人に看護師さん1人が付ききりです)が

「歯、磨こう!」 と1言。

「へぇ?磨きたいけど、どうやって・・・?」 と、私。

「えっ、このままで、だよ!」 

「このまま・・・?」

てな事で、まだ管がいっぱい付いている私は、寝たまま歯磨き・・・
口を濯ぐときも、横少しを向いて受け皿にぺっ。

出来るものですね~。おかげでとってもさっぱりしました。

そして次の日、超人的(?)な私はお腹がぐーぐー!
手術後一食目で 「おかゆはいやー」 と、普通のご飯を全部食べてしまった。

結局、予定ではICUに3泊してから、病棟(ナースステーションの側の回復室)に戻るはずが
ここでも経過良し!という事で、ICU2泊で、そのまま一般の病室に戻されました。

ここまで、あれよあれよという間に管がはずされ、残ったのは点滴とおしっこの管のみ
その管も、病室に戻るなりはずしてもらいました。

でも、車椅子以外ベッドから動けない私。

点滴もしているし、きっとすぐトイレに行きたくなるな、いちいちナースコール嫌だな・・・
って思ってたけど、グッドなタイミングで看護師さんが見に来てくれた。

この先私の1番のお気に入りになった看護師のN君(そう、病棟一番の気配り上手は男の人)
のおかげで、ちびらず にすみました。

 

  6月2日の事でした。

☆nice! &コメント☆ (クリックすると過去のものが開きます♪)


転移性脳腫瘍・手術Ⅰ [転移性脳腫瘍手術]

今日は私の大好きなにゃんこのお話から・・・

このにゃんこは、元・野良ちゃんです。
私が彼とやっているお店(美容室)の側にいました。

最初はやせ細り私を見ると逃げていたのですが、ご飯をあげるうちにだんだんなつき
今ではただのでぶねこに 

お店のスタッフルームはもちろんの事、お客さんの少ない時は、店内にも我が物顔で出て来ます。

たまに前回紹介したわんこも店に連れて行っているのですが
いつのまにかにゃんこのほうがいばっています。

だけど、なにをしても怒らない性格でかわいいやつです

      


 

先日もお話しした、同室の方々・・・

あまりにも夜眠れないため、これじゃガンじゃなく、ストレスで体がもたん!
と、4人部屋は2日で断念!!

「今すぐ個室に入れなかったら、退院する~(怒)」 
と言い張り、すぐに移動させてもらいました。

1日2万3千円は、かなりつらかったけどね・・・(汗)
おかげで毎夜私の病室は、お見舞い客の宴会場? と化していました。

そんなこんなで、いよいよ手術当日。

前日にいろいろな説明(手術の方法、時間、麻酔など)を聞いたり、MRIをとったりと
準備バンタン。

前夜は緊張のため眠れない人もいるそうですが、私は母への告知も済ませての安心感からか
根っからのおき楽さなのか、早めの就寝。

万全の体調で望みました。

 

そしていざ手術! 

私の一番の不安は、麻酔から覚めての事。

以前全身麻酔で手術(子宮筋腫)して麻酔からさめた時、麻酔前に話ていた続きを
「・・・それでね」 って、いきなり話し出して笑われた経験がある私(恥)

今回は笑われないようにしなくちゃ! そればかり考えていました。

手術の予定時間は8時間・・・でもそれより30分早く終わったそうです。

本当はそのまま朝まで麻酔から覚まさないかも? だったのですが
思ったより経過が良かったらしく、すぐに麻酔から覚まされました。

そして私は開口一番 「・・私・・変な事言った・・?」 だったそうな。
それも充分変だったみたい(汗)

そのままICUへ

何処も痛くは無いけど、あっちこちに付いている管やコードがすごくじゃまだったなぁ。

ICUに入り、しばらくして 「喉がかわいた~!」 って騒いでいたらY先生が来てくれて
「まぁ、NONさんだったら平気か~」 って (んんっ?私なら平気って??)

喉から胃に入っていた管を抜いてくれた。早くもここから私の“武勇伝”が始まっていたんだなぁ!

でも、その時にもらった水のおいしかった事^^

 

  5月31日の事でした。

☆nice! &コメント☆ (クリックすると過去のものが開きます♪)


転移性脳腫瘍手術 ブログトップ
アフィリエイト 東欧雑貨を名古屋から通販するRobin まつげエクステの通販はSTAR EYES 熱帯魚のディスカスならciao ciao アクセスランキング
現在の閲覧者数:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。